おすすめヘッドライン

にほんブログ村 人気ブログランキング
桜の咲く頃

心霊ちょっといい話

[45] ユーマ 2007/03/27 12:35
桜の咲く頃

桜が咲くと思い出す。優しかったお婆ちゃん。

私には大好きなお婆ちゃんがいた。小さい頃からとても可愛いがってくれた。
いろんな所へ連れてってくれたり、おいしい料理を作ってくれたり。
両親の仲が悪くて毎日泣いていた時もいつも優しく頭をなでてくれた。

高校生の時、お婆ちゃんは病気になった。言葉も話せない、食事もトイレも一人じゃできなくなった。
いつからか私の事すら忘れてしまった。
それでも私は毎日世話をしていた。
言葉を教えたり、歩く練習をしたり、大変だった。

でもお婆ちゃんの笑顔を見るたび疲れなんて飛んでしまう。
病気になって初めて話した言葉が教えてなかった私の名前だった。
お婆ちゃんの名前は教えてもすぐ忘れてしまうのに。

しかし、両親の離婚からお婆ちゃんに2度と会うことが出来なくなってしまった。
病気の事もあるし、すごく心配で会いたかった。
せめて死に際には会いたいと思ってた。

しかし、その願いは叶わなかった。

お婆ちゃんは亡くなったと聞かされた。
悲しくてしばらく泣いていた。
もう二度と優しく笑いかけるお婆ちゃんの笑顔を見る事が出来なと思うと悲しかった。

数年後のある日、夢を見た。
桜の満開になった公園。春になるとお婆ちゃんと来ていた場所だった。
お婆ちゃんの車椅子を押しながら散歩してた。
あの頃と変わらず優しく私に微笑みかけている。

そしてこう言った「おめでとう。○ちゃんは優しいから幸せになれるよ」
そこで目が覚めた。その日は私の結婚式の日だったからお婆ちゃんが会いにきてくれたのだと思って嬉しくなった。
そしてその瞬間に私は思い出した。

あの日の出来事。

あの夢は昔の出来事だと言うことを。
あの公園で夢と同じ桜が満開の頃、ろくに話せないはずのお婆ちゃんが「おめでとう。○ちゃんは優しいから幸せになれるよ」と言ってたのだ。
その頃は高校生だったからおめでとうの意味がわからなかったが、今になってやっとわかった。

ありがとうお婆ちゃん。お婆ちゃんの笑顔は忘れないよ。ずっとずっと、お婆ちゃんのことは忘れないよ。
おばあちゃんも天国で幸せにね
[46] LOVEGO W 2007/03/28 01:08
なんていい話なんだぁ〜(≧□≦)≫
[52] 陽炎 2007/04/09 17:13
来年もまた

小学生の時の話。
当時、友人Aが自分の父親の会社が持っている保養所に、子供だけで旅行しに行こうと発案した。
本当は身内しか利用できない施設なのに、全員が「Aちゃんの従兄弟ですう」とか「Aちゃんのハトコですう」とかw
大嘘ついて同行させてもらった(まあ保養所だってわかってはいたんだろうけど)

その時、同じ小学校じゃないヤツが混じってた。Aの保育園時代の友達Sちゃんだ。
結果から書くと、Sちゃんとは、子供同士すぐにうちとけあって、旅行中は皆で楽しく過ごせたんだが、二年後の夏、AからSちゃんの急死を知らされることになる。

事故だった。

・・・同年代が死ぬ、って体験が初めてだっただけに、旅行で一緒だった仲間たちは皆ひどく悲しんだ。泣いた。

Sちゃん急死の知らせのすぐ後、旅行仲間の一人が近所の市営プールに泳ぎに行った。
ロッカールームは時節柄メチャ混み。彼はやっと空いたロッカーを見つけシャツを脱いでいた。
すると、向こうでこちらを見つめているヤシがいる。

 ん? と思ってふり返ると、それがSちゃんだったと言う。

びびって、思わず、Sちゃん! と叫んだそうだが、一瞬の後に姿は消えたらしい。

「まっさかー、お前嘘言うなよー」
・・・その話を真っ向から否定したのは、旅行仲間FとNだった
(俺はわりと信じちゃってたんだけど)、

が、Fのほうが、後日、同じ市営プールに父親と泳ぎに行き、混雑したロッカールームで、やはりSちゃんを目撃した。
先の目撃談と異なり、Fが脱衣中にFのわきをすり抜けるようにプールサイドへ飛び出す少年がおり、ぶつかられたFがむっとしてその姿を目で追ったら、Sちゃんだったという。
まさかと思いFはとっさに後を追ったが、プールサイドに出て眺め渡しても、Sちゃんの姿はもうなかったという。

保養所で幽霊が出たなら解るが、どうして近所の市営プールだったんだろう?と、俺らは話し合った。

「保養所でもプールでさんざん泳いだじゃないか。来年もまたここへ泳ぎに来ようよとか言って。でも、結局それきりになった。俺らと一緒に、Sちゃん泳ぎたかったんじゃないの?」

何となくそういう結論に至った。

俺たちは保養所に出向き、プールサイドに花を添えた。
[54] 亮二 2007/04/13 22:31
チコ

チコ。俺が6才のときに家にきたメス犬。
まだふわふわで毛むくじゃらの、ちっちゃいやつ。
子供のころ、ずっと一緒だった。
良くおまえをからかって遊んだけれど、おまえは俺をかるく噛むだけで、本気で怒ったりなどしなかった。
人間の1年は犬の6〜7年で、
避妊手術してたおまえに子供はできなかった。

俺が中学にあがるころ、おまえは俺のおふくろと同い年くらい。
ワルぶって喧嘩にあけくれ、
いいトシして犬なんかと遊んでいられるかと、見向きもしない俺におまえはちょっと寂しそうだった。
俺が高校を卒業するころは、おまえはもうおばあちゃんで、名前を呼んでも尻尾を少しふって、悲しそうに俺を見つめてた。

チコ。おまえが死んだとき、
男が涙ボロボロなんてみっともなくて、俺は洗面所で顔をばしゃばしゃ洗い、動かなくなったおまえを庭のすみに埋めた。

それから何年かたって、俺にも女房と娘ができ、家にささやかな笑いがあって、それから女房だけが出て行った。

チコ。夜中に目をさますと、俺のとなりで娘が小さな寝息をたてているが、そのむこうに、うずくまって娘をみつめるおまえがいる。
女房は戻ってこないけれど、俺と娘とおまえ、同じ布団のなかで、いっしょに川の字になって寝ている。
[58] ケンジ 2007/05/07 11:20


うちの猫は死ぬ時、家族が揃うのを待ってた。
朝からヘンな呼吸してて、病院から助からないから自宅で看取ってあげてって言われて返されたから
「もうダメかな」ってずっと側にいた。

家の中をウロウロ歩き回って、少しでも楽な場所を探してるみたいだった。
家族が揃ったとたん、それまでウロウロしてたのが動かなくなった。
家族が病院に電話しようと立ち上がると
「にゃー!!」
息をするのもやっとなのに、呼び止めるように鳴く。
みんなに見守られて、俺の膝の上で死んだ。

それから不思議と俺が不安になっている時、困っている時。真っ黒な猫が前を横切る(霊じゃなくて生のな)
黒猫が前を通った時は必ず問題が最良の状態で解決する。
うちの猫、黒猫だったんだ。
[61] 夏色 2007/05/20 13:44
>>54,58動物ネタに弱いんでもうボロ泣きです・・・
元スレ : http://thebbs.fc2.com/35198!/
(∩´∀`)∩ コメント大歓迎 ヽ(^o^)丿
コメントフォーム
評価する
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • リセット
(=゚ω゚)ノ コメントについてのあれこれ
1.スパム防止の為、URLは貼れません。httpのhを抜いてください
2.エロや差別的なキーワードにはフィルタが掛かって書けない事があります
3.スレに対しては>>、コメント欄に対しては※をつけてレスするのが一般的なようです
ほのぼの生活ちゃんねるの記事を検索
▼ 只今読まれている注目記事
▼ 人気ブログの新着記事
▼ 今月の人気記事ランキング