おすすめヘッドライン

にほんブログ村 人気ブログランキング
田舎の山奥

女三人で山奥に住んでた人の話を聞くスレ


関連記事【田舎】山奥の空家を借りて女三人で住んでた時の話① ※虫系注意
1 :名無しの権兵衛さん 2013/04/25(木) 20:28:52.57 ID:bDP80Loz
女三人で山奥に住んでたあの方、またカキコミお待ちしてますー
34 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 01:24:19.84 ID:i6BpH4qm
どういう理由でそんな生活を始めたのか、動機とか背景とかも知りたい。
やっぱ体験談って面白いなあ。
35 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 07:26:10.31 ID:m3tyd77b
おはようございます。女三人で山に住んでた者です。

朝起きたら専用スレ立ってた・・・・・なんかすごい。感動した。ありがとう。ありがたや。
39 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 07:59:08.67 ID:0SY2MswM
>>35
わーい楽しみ
あなたのレスをみてAmazonに注文した八つ墓村を読みながら待ってますw
40 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 08:31:44.77 ID:pHZ1Uc3Z
>>35
来てくださって嬉しいです。
自分のペースで無理しないでください~
36 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 07:39:42.55 ID:m3tyd77b
前のスレ住人さんにはご迷惑かけてしまってすいませんでした。
スレ立てしてくれた方々ほんとうにありがとうございます。

ちょっと思い出絞り出してきます・・・・

42 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 09:46:29.45 ID:m3tyd77b
思い出、思い出、思い出・・・思い出かあー。

12~3年も前の話なので正直、記憶が曖昧な部分も多々ありまして。
一通りレスを読んでもらった姉さんAには、「電気代は1万円もかかってなかった」と訂正されたりしています。
あと水道は、山水オンリーではなく水道水の出る蛇口もちゃんとあった、と。
むしろ夏の渇水期は「飲み水以外はあんまり使わないで」と村の人に言われたよ、とのことでした。忘れてました・・・。

山の家に移住した動機と経緯・・・は、動機はほんとにただ貧乏だったからです。
専門学校を卒業しても「就職」という形態では働けず、
お手伝い、のような名目で仕事をさせてもらい、お小遣いの形でお金をいただいてました。
その専門学校で習って就く「職種」自体が、不況でダメージを溜めまくって若い人を受け入れられない状況だったんです。

家賃三万円というと今だとすごいボロボロをイメージされるかと思いますが、
あの当時の田舎の町では6畳二間でキッチン別・トイレ風呂有だとどこもそんな感じでした。
その3万を払ったらあとは食費と光熱費でカツカツの生活、という感じの経済状態でした。
45 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 10:09:37.33 ID:oqGdKoyS
山奥の人来てくれてうれしい。
家賃3万は確かに安いけど、
地方都市だとバス停1分のけっこう大きい家でも
家賃5万くらいだったりするから、
それほど破格ってわけでもない気がするな。

で、質問です。
買い物や出勤はどうしてたんですか?
車必須とのことだけど、
たとえば一番近いバス停まではどれくらいなんだろう。
スーパーがあるような市街地はどれくらいかかるのかな。
46 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 10:29:40.86 ID:m3tyd77b
>>45
山奥の人てww 

買い物や出勤は車一択です。自転車やバイクでは生活は無理だと思います。
バスは村の出入り口のとこにバス停がありましたが、日に1~2本て感じでした。
スーパーなんかへは15~20分?てとこでしょうか。
仕事帰りにスーパー寄って、食費のサイフから夕飯当番の人が夕食分を買って帰る、という感じ。
3日分くらいをまとめて買って、3日連続で夕飯を作って、次の人、という感じでやってましたねー。



ええと、仕事いってきます!夕方また覗かせて頂きます!
47 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 10:54:09.52 ID:pHZ1Uc3Z
>>46
行ってらっしゃーい(^o^)/
48 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 15:28:02.00 ID:fkQA0wIa
ワクワク
49 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 16:50:28.73 ID:m3tyd77b
仕事しながら、考えてました。そもそも何で山に住んだっけ、と。

あの頃から既に過疎化の進んだ土地でしたから、もう少し町寄りにも住む場所はあったかもしれません。
虫や蛇が平気なわけではなかったし(むしろGが出て絶叫する人間でした)
田舎暮らしに特別憧れがあったわけでもなかったし・・・。

姉さんBが持ってきた同居話に、よく考えもせず飛びついたのは前述したように貧乏だったせいもあったけれど
ただひたすら単純に「若かったから」なんですよね。・・・
いま、この年になって、月5万しかなくてもあの山には住まないし、住めないと思います。
ただただ若さの力押しで乗り切ってた、って感じでした。あと「面白そう」かどうか。
私の場合は、同居?面白そう!やるやる!と移住した時点で、アパートを解約してしまったので
今更敷金も礼金も出せないし、退路を自分で断っちゃった感がありましたが。

あと、女同士の同居ですが、ホントにあんまり喧嘩した記憶がないんです。
人間が何人か集まると、どうしても諍い事って起こってしまうはずなんですが、
「共通の敵」がいると一致団結してそれに立ち向かう。喧嘩してる暇がないっつーか。

私たち三人の最大最強の敵は、虫とか蛇とか、とにかく家全体を取り囲む自然でした。
雪とか台風とかも怖かったし。
団結しないと生きていけなかった、ってのが喧嘩をしない最大の理由でした。わりと真面目に。
50 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 17:46:39.21 ID:4thL7Xvy
そこから専門学校は近かったの?
バイトは?
51 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 18:50:51.46 ID:m3tyd77b
>>50
山>>>>>>>>>>>>>>>>>>>専門学校>町

って感じの位置関係でした。
学校から帰りは、車で15分くらいで家の前に着くには着くけど、
玄関に入るまでにまだ時間がかかる。それは過酷坂があるから。

海も近い土地だったので、避暑地で短期バイトなどもしてました。
夏休みには宿屋の布団敷のバイトとか・・・。まーとにかくお金がなかった。極貧でした。
52 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 19:12:43.98 ID:m3tyd77b
山の生活で何が怖いって、あの家に「一人で取り残される」ことです。

G,Wとかの長期休暇期間になると、三人のうちの二人が帰省したりする。
バイトのシフトなんかで、どうしても逃げることの出来ない一人が必然的に留守番役になるわけです。
・・・・もうこれが超怖い。
居間になんて絶対入れなくなる。だって仏間がとなりだから。
冷蔵庫も開けられなくなる。だってキッチンが超広いから。無駄に広いのすごい怖い。
風呂?入りません。トイレ?極力我慢します。なんなら水分もあんまり取らないよう我慢するとこから始めます。
玄関、開けません。誰が来ても死んでも開けません(夜なんて普段から誰も来ませんが)

そんな感じで絶対絶対部屋から出ないぞおおおおおおーーーーと構えている夜に限って、
深夜三時くらいに猫が玄関外で「入れてー」と鳴くんです。
――もうお前ら今夜くらい野生に帰ってそのへんの草むらで寝てくれよ、と。
53 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 19:37:10.58 ID:m3tyd77b
山奥の家は、一人になると昼間でも怖い。
本当に、山の中って川の音と、風の音と、鳥の声と、葉ずれの音しかしないんです。
車も通らないから、人間の音がしない。

住んだ当初は、誰もいなかったら縁側で昼寝とかできるじゃん!素敵!とか思ってましたが、
自分以外誰もいない状態で無防備に転がって寝る、とか怖すぎて無理だと分かりました。
自室の布団ならまだしも、縁側は無防備過ぎて怖くて無理。攻撃されたら逃げられない。

だから、よくドラマとかにある「縁側で昼寝」は二年間も住んでいたのに経験していません。したかったけど。


今も、誰もいない家は苦手です。
57 :カメムシ ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/26(金) 23:33:24.77 ID:m3tyd77b
初トリップ
58 :名無しの権兵衛さん 2013/04/26(金) 23:34:11.14 ID:m3tyd77b
・・・・・・いやごめん、カメムシはやめときます。悲しくなった。
59 :フタ ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/26(金) 23:48:10.05 ID:m3tyd77b
なまえ浮かばない。これでいいや。

そうです、私はそれくらい。つーか、ぶっちゃけ37です。
姉さんAも当時私くらいの年齢だったわけだから、相当思い切った選択をしてるとは思う。

ハウスシャアに関しては姉さんAは慣れていて、
この山に住む前から別の人と一階と二階に別れて住んでたりしてました。
あんまり気負わないで同居する方法っていうのを彼女から学んだな。今思えば。
61 :名無しの権兵衛さん 2013/04/27(土) 00:17:40.31 ID:k9VwjlFm
名前はできれば山奥とかw
63 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 00:30:09.76 ID:qW/Ne/Bx
ええとじゃあ山奥子にしときます。やまおくこ。
64 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 00:58:55.89 ID:qW/Ne/Bx
このあいだ姉さんAに聞いて、思い出した話。
とある日曜日の昼間、私が自室でぼーっとしていると、姉さんAからメールが。

「部屋に来い。しかし物音は立てるな」

えええどういうこと、と訝しがりながらも、足音を忍ばせて隣の八つ墓部屋へ向かうと、
ベットに腰掛けてじっと動かない姉さんAが。私を見てシッ、とする。
そのまま、ゆっくり「窓の方向へ振り向け」というジェスチャー。
あーこらまたイモリやらヤモリやらが出たから追い払ってくれっつーことだなーと
(※姉さんAは、山に移り住んでもダントツ最後まで虫嫌いだった)
振り返った先の山肌のくぼみに、尻尾を巻き込んでちょこんと座ってる野生のキツネの姿が!!!
うっわ!マジふっかふかやんかーーーーーーちょー待てこれええええ!!!と一気にテンション急上昇。
タヌキはよく見るけどキツネはその時初めて見た。なんか思ってたより黄色じゃなかったのを覚えてる。

キツネは墓が並んだ岩肌にお行儀よく座って、窓越しに私達を見つめてた。
おいいい・・・・超可愛いぞこれえ・・・・と、もう動くのも忘れて見つめていたら、隣で姉さんAが小声で
「キツネ呼ぶ時ってどう言うんだっけ?」とこちらもキラキラしながら聞くので、
そらもうあの有名なやつしかないでしょう!と思い浮かんで

「おい、じゅん・・・・・」

って呼びかけた瞬間に「ぶふぉあああ!」って姉さんAがなんで田中邦衛ッ・・・!!!って盛大に吹き出してキツネは逃げた。
るーるるるる、と間違えた、というお話。
65 :名無しの権兵衛さん 2013/04/27(土) 01:01:33.50 ID:kBsQ4kaO
まさに若さ故の過ちw
66 :名無しの権兵衛さん 2013/04/27(土) 01:02:54.47 ID:kBsQ4kaO
若さ故の過ちはハウスシャアに対してねw

キツネってことは北海道?
67 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 01:06:36.91 ID:qW/Ne/Bx
>>66
本州です。でも陸の孤島でした。
68 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 08:56:04.18 ID:qW/Ne/Bx
おはようございます。

朝起きたらまた思い出したので投下。
というかスレに書き込むためにあの頃のことばっか思い出してる。9割虫物。


山移住が完全に完了してから、両親に報告した。
「いま住んでる町から山のほうへ15分くらい離れた」「ちょっと山寄りな場所」へ「年上のお姉さん2人と同居」する
と、ざっくりかなり意訳して伝えたら、次の週に菓子折り持ってスッ飛んできた。
(姉さんA、姉さんB、家主、両隣のご近所に配るぶん)

場所が場所なので電話では説明しにくく、駅で待ち合わせして両親の車に同乗。
もーあんたは大事なことを相談せずにどんどん決めて・・・と母のほうは困り顔だったけど、
父はアウトドア大好き人間だったので目をキッラキラさせて行こう行こうすぐ行こう、と急かしてきた。

以前住んでたアパートを通り過ぎて、専門学校前も通り過ぎて、県道をどんどん北上する。
とにかく山までの道程は、田んぼとポツポツ民家が建ってるぐらいで、進むにつれて街灯もなくなってくる。
最初のうちは、
あらーのどかな所ねーのんびりしててーあらっお父さんココまだ桜が咲いてるわー、とか何とかお気楽だった母も
家近所の「クマ注意」の看板を通り過ぎた辺りで無言になった。
父も「本当にここ?ここ曲がるの?本当に?」と明らかに挙動不審になってきた。
69 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 09:28:37.80 ID:qW/Ne/Bx
ここだよーと斜めに川方向へ傾いだ駐車場(停めるのにコツが必要)に駐車を促したあたりで、完全に沈黙する両親。
過酷坂の上にある家を見上げる頃には、住むのは私なのに両親の方が蒼白な顔をしてた。
家脇の山肌から流れ出てる小川?湧水?のそばに立ってる「土石流警戒地域」の看板を発見してまた絶句。
もう明らかに「なんかこれ想像してたやつと違う」っていう顔してました。
父に至ってはログハウス的な家を想像してたみたい。そんなもんあるか。

過酷坂を上り、玄関に入ったところで「おー」と初めて感嘆の声が上がった。玄関立派だからね。
出迎えた姉さんズに改めて「このたびは・・・」と挨拶をする両親。姉さんズはどうぞどうぞ、と招き入れる。
そのまま、両親が実家から持ってきた肉やら魚やらで賑やかに昼食を食べた。
姉さんズと両親は今までに何回か会って面識があったし、
二人とも愛想いいし素敵笑顔の持ち主達なので両親も安心したみたいでした。あーこの人達なら大丈夫ねー、と。
その夜は、私の部屋に泊まって、満天の星空に感激してました。
こういう体験するのもいい人生経験だー、みたいな話をしながらお酒を飲んだりして。
でも朝起きて窓を開けたらバラバラと落ちてくるカメムシには閉口してました。

今でもこの山に住んでた頃の話をすると、
「あの家はすごかった」「どこへ連れて行かれるかと思った」
みたいな話から始まって、でも最後は
「わが子ながら楽しそうなことしてるなーと思った。わたしらはあそこ住むのは無理だけど」
と締めてくれる理解のある両親です。いまも元気です。親孝行します。


仕事いってきます!
72 :名無しの権兵衛さん 2013/04/27(土) 13:40:48.35 ID:khuHb516
あまりの大自然に驚いた感じが
グレゴリの夫婦で田舎に引っ越したのとちょっと似てる
まだ未読なら読んでみて>山奥子さん

「田舎暮らしはじめました うちの家賃は5千円」グレゴリ青山
73 :名無しの権兵衛さん 2013/04/27(土) 14:50:59.63 ID:z9L7CMUO
当時の写真でうぷできるものがあったらお願いしたいです
家の中でも外でも何でもいいので
74 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 20:03:50.57 ID:qW/Ne/Bx
こんばんは。

>>72
グレゴリ青山さん、初めて名前を知りました。本も未読。
紹介ありがとう!すごい共感しながら読めそう!!

>>73
私も写真がうぷ出来たら説得力増すよなーと思って、昨日から昔の写真入れをひっくり返してるんですが
いかんせん今ほどデジカメが普及してなく、かつ本当に貧乏だったので
「撮る」という行為自体をあまりしていないっぽいんです。
玄関前で記念写真!的なやつもなくて。スナップならあるんですが、姉さん達が写ってる奴はアウトですし・・・。
ただ、ちょこちょこ「あ、これ山の家かなー」的な奴は出てきたので、興味もって頂けたなら後でうぷします。
あ、猫だけはいっぱい写ってました。猫スキーなので。
firestorageとかでいいんですかね?
75 :名無しの権兵衛さん 2013/04/27(土) 20:45:40.83 ID:z9L7CMUO
>>74
わぁ、是非是非お願いします!
猫ちゃんも、もしよければ!
猫ちゃんは山の家解散後は、どちらかの姉さんに付いていったのかしら
76 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 20:59:44.35 ID:qW/Ne/Bx
>>75
ではとりあえず、

「大蛇の這っていった天井」
大蛇の這っていった天井
http://firestorage.jp/photo/9560f0cf02d55d2e649f646a9d946565302b94a2

「カメムシ部屋」
カメムシ部屋
http://firestorage.jp/photo/3688b277c6af52c467ed63c6e1aa2b50a16d0fac
※窓の外に写っているのは、隣んちの納屋?蔵?です。
80 :名無しの権兵衛さん 2013/04/27(土) 22:31:13.30 ID:khuHb516
>>76
思ってたより綺麗だな>壁、障子
人物の抜きが昔の実写ゲームみたいでワロタ
87 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 23:48:12.25 ID:qW/Ne/Bx
>>80
そうですね、壁とかすごく綺麗でしたよ。漆喰で。
ただ昔の家にありがちな、部屋を仕切るのは壁じゃなくて襖、という作りだったので隙間風がすごかった。

かまいたち、本当に女5~6人で集まってやってましたね。
本当に娯楽がなかったので持ち回りでゲーム買って、お菓子ジュース持ち寄って、深夜までとか。
今でも覚えてるのが、名作バイオハザードの一作目が出て、こりゃ面白そうだぞっっとみんなで集まってプレイ。
ゾンビにもようやく慣れて夜も更けて、そろそろお開きにしようかーってセーブポイント探して中庭に出た瞬間、
ムービーに切り替わって猿みたいなハンターに首スパーンと落とされてゲームオーバーになった深夜三時の気まずさったら。

77 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 21:11:45.53 ID:qW/Ne/Bx
チョビさんは姉さんAの元でもう少し長く生きたんですが、ある日いなくなってしまったと。

「チョビさんと菅原グンタの図」
チョビさんと菅原グンタの図
http://firestorage.jp/photo/6eafe54bb3156d9a5c3024e97fd840bdd4568646

「ストーブの前に溜まる猫の図」
ストーブの前に溜まる猫の図
http://firestorage.jp/photo/1f262e1276ddb1e2a34adbcf4de3efe43b404109

「自分、蛇持ち帰りますから。菅原グンタの図」
自分、蛇持ち帰りますから。菅原グンタの図
http://firestorage.jp/photo/bee3dae4c0430ddfb3680c1cdba4c48671d65866

あ、全部ロール?で一括して見られるのか・・・すいません、これで見られますか?
78 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 21:29:30.94 ID:qW/Ne/Bx
補足:

・菅原グンタの図で写ってる場所が(多分)過酷坂なんですが、急勾配に見えませんね。撮り方なんでしょうけど。

追加。
「後輩が遊びに来たので一枚撮ってみた的なスナップ写真」
後輩が遊びに来たので一枚撮ってみた的なスナップ写真
http://firestorage.jp/photo/6e2ee90e26374b147befb6b87437fe8e27a9dc0d

縁側が左側に写ってます。青く見えるのが物干し竿。磨硝子のとこの格子細工が素敵。
あと寿司のチラシが押しピンで止めてあるのは、
なんか三人のなかでいい事があったら奮発して寿司食べようぜ!的な目標っていうか、発奮材料。
実際は寿司寿司言いながらそんな贅沢は結局出来なかった気が。
79 :名無しの権兵衛さん 2013/04/27(土) 22:26:45.47 ID:cdwE7CZX
このスレおもすれー( ^ω^)
  _  ∩
( ゚∀゚)彡 乙!乙!
 ⊂彡
83 :名無しの権兵衛さん 2013/04/27(土) 22:58:52.53 ID:khuHb516
この家でホラーゲームやったら臨場感あるなw
87 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 23:48:12.25 ID:qW/Ne/Bx
>>83
山の家に移住してからは、リアル過ぎてホラーゲームは無理でした・・・。
91 :名無しの権兵衛さん 2013/04/28(日) 04:55:21.23 ID:GFZ4vwkr
なんか、ワクワクドキドキ感がする

ありがとー、山奥子氏、そしてスレを立ててくれた方
84 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/27(土) 23:25:47.93 ID:qW/Ne/Bx
すいません、なんかぼんやりしてて・・・。
ほんと全体図っていうか、こんな家だったよーという写真があればいいんですが。

十数年経ってぐーぐるあーすで山の家を見てみたら、思ってた以上に山でした・・・。

山奥のグーグルアース画像
http://firestorage.jp/photo/6d4a8f7c59183c127524c9a8270632de37d483a8
92 :名無しの権兵衛さん 2013/04/28(日) 11:27:05.23 ID:e3nnHpqx
>>84を見るまで町やスーパーまでの時間から「山の中とかいうけど、意外と街中?」と思ってました
やっぱ山だね、山w
93 :名無しの権兵衛さん 2013/04/28(日) 12:52:07.05 ID:Q8Z7s5uv
>>92
田舎の「車で15分」は時速60キロが基本なんだよな
人通りが少ないと時速70~80キロもよくある話
94 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/28(日) 18:07:09.03 ID:Zyii2bzI
こんにちはー。

画像、あんなのしかないのに楽しんでもらえて嬉しい。

>>92>>93
やっぱ結構な山ですよね。
メインで使う道は一応国道なんですが、車が滅多に通らないので飛ばしまくり。
よく木の陰に隠れてパトカーが取り締まりしてました。

より話に具体性が出るかと思って略図など書いてみました。
略図
http://firestorage.jp/photo/ac8dceaaf1db0a8b678e6a14b766c706e3ca3d44

家は山肌に沿うように建てられていて、道と家の間にはすごい傾斜があります。わかりにくいですが。
95 :名無しの権兵衛さん 2013/04/28(日) 19:42:26.35 ID:GFZ4vwkr
土石流なんとか警戒地域(?)に指定されているのも当然だな、この地形
97 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/28(日) 22:13:38.42 ID:Zyii2bzI
>>95
土石流って当時はよく分からなくて、地元に帰ってからニュース映像なんかを見てじわじわ怖くなりました。
確かに急勾配な坂が多くて、山は切り立ってて、湧水がいろんなとこから出てました。
96 :名無しの権兵衛さん 2013/04/28(日) 20:24:04.94 ID:/hUuLz+P
クマとかに遭遇しなかった?
クマ注意の看板あるところで一人でいたら、家の中でも怖いよ。
97 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/28(日) 22:13:38.42 ID:Zyii2bzI
>>96
運良くクマには会いませんでした。
クマ注意の看板はそこ此処に立てられてたので、実際はよく出た地域なのかも。
ただ、移り住むときに家主のおばちゃんに
「長いコトここで畑してるけど、私は一回も見たことない」と言われてたのが安全の担保になってた、って言うか・・・。
99 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/30(火) 05:42:55.45 ID:QF4vdbyE
若い女が田舎に住んでて何がストレスになるかって、それはもう「甘味不足」以外何物でもないくらいでした。

深夜にふと「ゼリー食べたい・・・」と呟いたら最後、頭も口の中もゼリーに埋め尽くされて、何も手につかなくなる。
こういう時のために緊急避難用のフルーチェを常備してはあったのですが、いかんせんそういう危急の時に限って牛乳がない。
何かなかったっけ・・・と冷蔵庫を開けてみるのですが、他の二人の甘味系食料を発見したりして余計切なくなったり。
(※当然のことですが、自分以外の人間の個人的に買った物を無断で食べるのは御法度でした)

この家に住んでいて何か自作以外で食べたい、となると山を降りて買いに走るしかないわけですが、
最寄りの店でも最低20分かかることによる往復のガソリン代
               +
夜七時になると大きなスーパーが閉まってしまっているので目当ての品物を買えない確率が高い
(十時くらいまでやってるスーパーは個人経営の小さな店舗で甘味コーナーが小さい)
・・・・という現実を鑑みて、やっぱり「まぁ明日まで我慢するか・・・」と大抵はどんなに食べたくても涙を飲むんです。貧乏だったから。

でもごくたまに「――それでも甘いものが欲しいいいい!!」と甘味中毒者のように家を徘徊する時があって、
もうそういう時は、街で二件しかない「コンビニエンスストア」へ行く、という禁断の解決手段しかないわけです。深夜だから。

その当時、私の中で「コンビニ」というのは
いつもは絶対に買わないはずの定価でしか物が売ってなく、しかも位置関係が
山の家>>>>>>>>>>>>>専門学校>町>>>>>>>>>山コンビニ
 (※この山降りてもっかい別の山に登らなきゃいけない高低差、確実に燃料計に変動がある距離)
つまり行って帰ってくるのに一時間以上かかる場所なわけで、時間、運転する労力なんかも考えると
そこに行くこと自体がものすごい無駄で贅沢なものでした。

普段なら絶対そういうことはしないはずの倹約山生活者なのに、
数ヶ月に一度、それでも甘い物が食べたい!!!という衝動が抑えられない時があって、
居ても立ってもいられなくなって、財布の中を確かめて、部屋着から着替えて、深夜に自室から飛び出してました。甘味脳怖い。

そして、そんなときは階下に降りて靴を履く前に、姉さんズに外出する旨を報告。
いま現在町中に住んでて気楽に言ってる「コンビニいってくるけど何か買ってくるものあるー?」
という物言いでは決してなく、居間でTV見てくつろいでいる他の二人を見回して重々しく

「・・・わたくし、今からコンビニへ参ろうと思っておるのだが、各々方なにかご所望の品はないか?」

と深夜、突然の下山宣言をすると、姉さん二人も何事!?と飛び起きて

「―――すわ!コンビニとな!」

「・・・・コンビニ!!?ま、待たれよ!!確かそれがし、以前このようなプリンが発売されたと小耳に挟んだのだが・・・」

「ぬう!それは聞き捨てならん!待たれよ待たれよ、我も共に道行かん!」

「いや我も!!!」



・・・みたいな流れになって結局3人でいそいそコンビニへ甘味漁りの旅に出た懐かしい思い出。壬生義士伝、流行ってました。
100 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/30(火) 06:01:15.29 ID:QF4vdbyE
書いたら思い出した。

壬生義士伝、町の図書館でようやく貸出順が回ってきて、休日に居間のコタツで一気読みしました。

朝から読み始めて、面白くて止まらなくて、夕方くらいに読み終わり。
もう最後の怒涛の展開、息子の独白、漢文の手紙のくだりで涙腺が崩壊して、
しばらく立ち上がれなくなってコタツに突っ伏してしくしく泣いてたんです。

そしたら姉さんAが仕事から帰ってきて、薄暗い居間の襖を開けて、号泣する同居人(私)を発見。
「なに、どうしたの!!」とびっくりして駆け寄ると、涙と鼻水でグチャグチャの顔で
「・・・・ぜづなずぎで(ズビズビ)ごれ・・・・がわいぞうで(ズビズビ)・・・ぶり(無理)いいいい・・・」
と思い出し泣きでもう一回突っ伏す私。事態が飲み込めずに右往左往する姉さんA。
そこに姉さんBが帰ってきて「ただい・・・・・ってなに!!?どうしたん!喧嘩!?」となってカオス。

しばらくのあいだ泣ける読み物は共有スペースで読まない、という約束事が増えた、という話。
101 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/30(火) 07:49:09.30 ID:QF4vdbyE
早朝書いてたの読み直したら、なんかすごい時代劇オタクな女3人みたく読めてしまった。怒られる。あくまで雰囲気です雰囲気。
103 :名無しの権兵衛さん 2013/04/30(火) 09:45:55.07 ID:p++3Ta2f
いやいや専用スレなんだし好きに書いてください
姉さんの結婚を機に同居解消とあったけど、それぞれの彼氏が家に来ることもあった?
初めて家に来た時なんかはどんな反応でしたか?
106 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/04/30(火) 10:25:37.47 ID:QF4vdbyE
>>103
<姉さんの結婚を機に同居解消とあったけど、それぞれの彼氏が家に来ることもあった?

私と姉さんAは彼氏なし。男っ気なし。
姉さんBは移住前から付き合ってた彼氏がいて、専門学校卒業と同時に遠距離恋愛に突入してました。
この姉さんBが結婚しました。彼氏さんもいい人だったので、たまーに泊まりにきてました。

あと、「3人全員が知り合い」の男の人と家族以外は、家にいれない決まりでした。
なんとなく皆、女3人で住んでることはあんまり大きく公言してませんでしたし・・・。
あと田舎と言えどもやっぱり知らない人がウロウロしてたら目立つし、
家主のおばちゃんが嫌がるようなことはしないでおこうね、というのが暗黙の了解でした。

<初めて家に来た時なんかはどんな反応でしたか?
ちょっと覚えてないです・・・ごめんなさい。
ただこの姉さんBが移住発案者だったため、彼氏も協力的だったのは事実です。嫌だったら反対しただろうし。

107 :名無しの権兵衛さん 2013/04/30(火) 14:51:51.41 ID:QHbc225s
お隣の住人はどんな人でした?
やはり老人かな。
田舎だから変な人が近くに住んでると怖いよね、女世帯だし。

それから虫キツネ、蛇の他に、狸とか野生の獣いましたか?
116 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/05/01(水) 10:44:39.03 ID:JajHhfVo
おはようございます。五月になるのに寒い。

>>107
お隣は独居のおじさん?おじいさん?でした。娘さんがたまにいらっしゃる感じで。
唯一隣接しているご近所さんだったんですが、あんまり交流はなかったです。
あちらもうるさいのが苦手、みたいだったので、女3人が越してくるというのは最初歓迎してなかったかも。

タヌキはいました、よく車に轢かれてました・・・。
あとウサギは家の脇でよく見ました。近づいても逃げないし、結構大きいので黙って立ってると怖かった。

テン、とかイタチ?的な奴もいました。なんかぬるっと長いフォルム。
縁側の戸袋のとこに穴が開いてて、そこが猫たちの通り道だったんですが、
イタチが入ってくるようになったので塞ぎました。
109 :名無しの権兵衛さん 2013/04/30(火) 16:16:17.53 ID:R+khKlKv
山奥さんおもしろいわ
私もやっぱり猫が好きのメンツで想像してたw

甘味に飢えるってマンガの「刑務所の中」を思い出しちゃった
そこまで切羽詰まるってことは、なんか甘い物たべたーいってレベルじゃなくて
身体が真剣に求めてるんだろうね
111 :名無しの権兵衛さん 2013/04/30(火) 18:45:20.27 ID:ilaJqiYr
お寺で修行してるお坊さんたちも甘いものが一番のご馳走らしいね
145 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/05/04(土) 20:15:16.35 ID:5JyJCYvc
まとめて貰ったサイトから見に来て?くださった方、ありがとうございます。
虫話、皆さんカメムシやっぱ嫌いみたいで。百足も蜘蛛も気色悪いですよね。
ただ何でか、あそこに住んでた当時は、虫を怖がる自分をあえて封印というか
本当は叫びたいくらい嫌いだけどあえて無表情で処理する、という感じで対処してました。

また、なんか思い出したら書き込ませて頂きます。
もう結構、出尽くした感があるんですが・・・・うーんうーん。
180 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/05/09(木) 02:23:17.18 ID:Uq0KFW/N
山奥食べ物話、思い出しました。そーめんかぼちゃ。

そーめんかぼちゃ、というものがあるんです。夏に採れる季節野菜です。
 (※いまグーグル先生にお聞きしたら、ウリ科カボチャ属ペポ種らしいです。別名キンシウリ)
大きさにして、売ってるプリンスメロンぐらいの感じのものなのですが、
メロンよりはちょっと細長くて、丸細い瓜、という外見です。
街のスーパーではあんまり見かけませんでした。
食べ方としては、切って茹でて、柔らかくなったところで果肉?をスプーンでほぐすんです。
ほぐすと名前通りそうめんのように糸状になるので、パッと見、麺類みたくなります。
これを酢の物としてポン酢で食べたり、煮物にしたりして食べるんです。
味はあっさりしてて正に夏の食べ物という感じ。冷たくして食べるとシャキシャキ美味しかった覚えがあります。

瓜とかキュウリとかって、旬になると物凄く大量に採れるんですね。
山の集落は棚田が多くて、耕地面積こそ小さいですが、
おばあちゃん達の弛まぬ努力の結果、夏のあいだじゅう、それこそ売るほど収穫がある。
ただそれを食べる人が家族だけ、または作ったおばあちゃんだけだったりするので、
道端で出会って挨拶したりすると「ちょっとお待ち。まあまあ持って行きなさい」みたいなことになる。
キュウリ、トマト、ナス、かぼちゃ・・・・とにかく夏は野菜は頂けるものだけで生活できてました。
極貧生活には本当にこれ、有難かった。ありがたや。ありがたや。

―――で、前述のそーめんかぼちゃの話です。
これも例に漏れず、めちゃくちゃ大量に頂きました。
頂き過ぎて困ったくらいです。いや困った。弱り切った。そういう話です。
181 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/05/09(木) 02:45:58.45 ID:Uq0KFW/N
このウリ科カボチャ類ペポ種、たまに食べるには物珍しくて美味しいのですが、
毎日食べるにはちょっと味気ないというか、あっさりし過ぎてるというか、パンチがないというか、
つまり、ぶっちゃけ「味がない」んですよ。食感を楽しむだけのものというか。

大きさも結構あって、小さなものなら片手大ですが、大きく化けたヤツになると両手にずっしりなくらい。
それを毎日一個づつ、酢の物和え物煮物、あとはサラダに入れてドレッシングとか、
まぁ考えつく限りのレシピを駆使して女3人、手を変え品を変え、なんとか腐らす前に消費しようと頑張るのですが、
いかんせん食べるスピードより貰うスピードのほうが早い。
一個分をなんとか昼ごはんで消費しても、夕方には家主のおばちゃんが軒先に3個置いていく、という
需要と供給のバランスがこの「そうめんかぼちゃ」に関してはおかしなことになっていました。

ある日、すでに3つほど余剰分がある状態で、三人とも食傷気味になっていたところに、
まるでトドメのように更に3つほど頂いてしまい、
(まだ有るから、と断ろうとしても要らなかったら捨てていいわよ、と言われてしまって結局貰う)
ああこれどうしよう、どう食べよう、酢の物飽きた・・・などとオロオロ考えていたところに姉さんA帰宅。
何故か手にそうめんかぼちゃが数個入ったビニール袋をぶら下げて困惑顔。

「仕事先の人に貰っちゃった・・・」

断ろうにも、くれた本人さんが「食べられなかったら捨ててもいい」というらしく、仕方なく貰ってきたと。
合計10個になったそうめんかぼちゃを床に並べて、二人で暫し呆然。
途方に暮れるってこういうことか・・・ってぼんやり思ったのを覚えてます。

結局どうやって食べたのか忘れましたが、細かく刻んで炊き込みご飯にして「無駄な抵抗」だったことは記憶鮮明。
182 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/05/09(木) 02:56:20.85 ID:Uq0KFW/N
今もスーパーで地物野菜コーナーなんかにコレが並んでるのを見ると、
あの時感じたどうしようもない持て余し感というか、手に余る感というか、
許容範囲を越えてむりくり持ち込まれる案件への自分自身の処理落ち感というか、
なんかそういう「・・・・無理なのに・・・・無理なのに・・・・」という感覚が呼び覚まされて、
そうめんかぼちゃ買えないんです。美味しいのに。


今年の夏は思い切って買ってみようかな、と思いつつ。おやすみなさい。
184 :名無しの権兵衛さん 2013/05/09(木) 08:03:51.79 ID:fmNWuSbD
そーめんかぼちゃ…あれ、もらっても困るんだよな
キュウリや茄子なら、食べようもあるんだけど
腐らすとくれる相手に腹が立ってくる、筋違いなのは
自分なのかも知れんがw
195 :名無しの権兵衛さん 2013/05/10(金) 10:02:46.31 ID:GjeQj88F
山奥子さんのお話楽しいです。
開かずの間は最後開きましたか?
198 :山奥子 ◆PsJbC7AQW9Ay 2013/05/10(金) 20:52:51.50 ID:kEeISR0m
>>195
開かずの間は・・・・ええと、最初に一回開けたきりです。
部屋の場所というか、形というか?なんだか違和感が拭えなくて、
最初に家を探検したとき、なんか嫌だなこの部屋って思っちゃったんです。
姉さん達もなんか使いにくい部屋だね、と言うし、なんとなく封印して、それ以後一度も開けませんでした。
それで「開かずの間」なんて書いちゃったんですけどね。普通に開くんですけど。

上手く表現できなくてすいません。とにかく具体的に言うと、仏間の裏側の部屋なんです。
窓があって、畳が敷いてあるんですけど、あんなにギッシリ物が溢れてた家なのに、
その部屋だけは何も置いてないのが変といえば変。あと畳を三枚縦に並べた感じで細長い間取り。
仏間への「続きの間」だったのかなあ、と今となっては思います。
日当たりが悪いわけでも何でもなくて、むしろ日光はサンサンと当たるし、
物置にするには温度差が激しすぎたのかもしれません。だから使ってなかった。ただそれだけ。
なのに何故かその部屋だけすごく怖かったんですよね当時。なぜだろう??
ちなみに霊感とか全然ないのでソッチ系じゃないとは思うんですよ。
なんとなく不安な間取りの部屋があった、というだけの話です。オカルト要素なくてすいません。
本スレ:http://uni.2ch.net/test/read.cgi/countrylife/1366889332/
田舎の景色 アスキーアート
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック 編集
この記事へのコメント
(∩´∀`)∩ コメント大歓迎 ヽ(^o^)丿

 コメント一覧 (5)

    • 1. 通りすがりのほのぼのさん
    • 2014年01月27日 21:53
    • 俺の実家より遥かに綺麗だ
      貧乏なめんなよ
    • 2. 通りすがりのほのぼのさん
    • 2014年01月28日 02:46
    • ※1
      そりゃお前、漆塗りの襖とかあるような家だぞ
      基礎からしっかり作ってあるだろうよ
      ってか報告者が貧乏なのと借り物の家が豪華なのとは全く関係ない話なんだが
    • 3. 通りすがりのほのぼのさん
    • 2014年06月17日 04:39
    • 詳しい住所や場所を不特定多数に教える馬鹿は死〇ねよ 山奥だから犯罪しに来るのがいるんだからそれぐらい考えろよ
    • 4. 通りすがりのほのぼのさん
    • 2015年04月07日 07:32
    • こんだけの情報で犯罪しにくるやつはいねえよ。
    • 5. 通りすがりのほのぼのさん
    • 2016年09月25日 01:56
    • て言うか、もうこの辺に人は住んでないって話有ったろ。
      この人達が住んでたのは20年近く前の話だ、良く読め。
コメントフォーム
記事の評価
  • リセット
  • リセット

(=゚ω゚)ノ コメントについてのあれこれ
1.スパム防止の為、URLは貼れません。httpのhを抜いてください
2.エロや差別的なキーワードにはフィルタが掛かって書けない事があります
ほのぼの生活ちゃんねるの記事を検索
▼ 只今読まれている注目記事
▼ 今月の人気記事ランキング